新成人おめでとう。君たちの未来は「坂の上の雲」の如く!

 今日1月9日は「成人式」です。今年の新成人は、1991(平成3)年4月2日~1992(平成4)年4月1日までに生まれた方々です。

 総務省統計局によると、2012年1月1日現在における新成人は122万人と発表しました。このうち、福岡県内の新成人は5万2,538人で、14年連続の減少。記録が残る1992年度以降、最少となっています。

 今回の新成人122万人は、データが残っている範囲では過去最低数で、新成人がもっとも多かった1970年の246万人の半数を割り込んでいます。さらに、総人口に占める比率も減少し続け、こちらも昨年同様に1%未満。これは「人口そのものの減少」、「若年層人口の減少」の2つの状況を表していることになります。少子化が顕著であることを物語っています。

 1970年台当時の若者たちは「戦争を知らない子どもたち」でしたが、今年の新成人は「成長を知らない子どもたち」ということです。「〝失われた20年〟の世代」とも言われています。
 
 91年「バブル崩壊」、2001年「ITバブル崩壊」、2007年「サブプライムローン問題」、2008年「リーマンショック」などによる厳しい経済環境で育ち、経済成長の実を知らない世代です。また、1991年の雲仙・普賢岳の大火砕流、1995年の阪神大震災、2011年の「東日本大震災」という、幾度の自然災害にも見舞われた世代でもあります。1993年の細川連立政権発足、以後、日本政治は動乱の時代が続いています。

 しかし、新成人は「インターネット世代」でもあります。1988年インターネットの商用利用開始、1990年Cernでwww ブラウザ完成、1995年Windows95発売、1999年iモードサービス開始、2001年YahooBB ADSLサービス開始、2007年iPhone発売、2010年iPad発売と、ネットや関連商品・機器の利用は生活の一部になっており、ネット(社会・世界)は次世代のキーワードです。

 新成人の君たちから「未来や、希望を口にしづらい」との言葉を聞くにつけ、〝失われた20年〟を生きざるを得なかったことに、私たちいまの大人たちの責任は大きいと感じています。

 しかるに、新成人の君たちへ、明日が見えにくい時代であるけれでも、「坂の上の雲」のごとく、未来を輝かしいものにして欲しい。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中