「ユネスコ」、『明治日本の産業革命遺産』を世界文化遺産に登録勧告!

 去る5月4日、日本政府は、幕末から明治期の日本の急速な近代化を示す「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」(福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、山口、岩手、静岡の8県)について、「ユネスコ(国連教育科学文化機関)」の諮問機関が、名称を『明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業』に変更した上で世界文化遺産に登録するよう勧告したと発表しました。

 「ユネスコ」による正式決定は、6月28日~7月8日にドイツのボンで開かれる「世界遺産委員会」となりますが、これまで勧告が尊重されたのが通例であり、今回も正式決定は揺るがないものと思います。

 この遺産群の中には、福岡県内では「八幡製鉄所(官営八幡製鐵所旧本事務所、官営八幡製鐵所修繕工場、官営八幡製鐵所旧鍛冶工場)」(北九州市八幡東区)、「三池炭鉱・三池港(三池炭鉱宮原坑、三池炭鉱万田坑、三池炭鉱専用鉄道敷跡、三池港)」(大牟田市)、「遠賀川水源地ポンプ室」(中間市)が含まれており、今後、観光地としての活用が期待されます。 なお、今回の遺産には、「遠賀川水源地ポンプ室」(中間市)のように稼働中の施設も含まれるのが特徴です。

 今回の発表がゴールデンウィーク前半ということもあって、各構成資産地(遺産登録地)には多くの観光客が訪れ、賑わいを見せていました。 

 今後、各遺産(群)については、所有する企業、管轄の自治体、所管の都道府県、そして国による遺産保存と活用が喫緊の課題となります。 そのための予算も発生してきますが、保存・活用することによる観光資源としてのメリットを考えれば、是非とも(保存・活用のための)予算化を図らなければならないと思います。 

 私も、県予算の捻出に尽力して参ります。

(写真:13-10-07 八幡製鉄所旧本社ビルを視察、13-10-07 八幡製鉄所旧製鐵所修繕工場を視察)

13-10-07 八幡製鉄所旧本社ビル

13-10-07 八幡製鉄所旧製鐵所修繕工場2

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中