全国では空き家、「負動産」が深刻さを増す反面、東京や福岡は〝不動産バブル〟

現在の福岡市中央区や博多区は、いわゆる〝不動産バブル〟と指摘する専門家は少なくありません。

方や、全国の自治体では空き家問題が深刻さを増し、不動産が「負動産」化して、自治体に引き取ってほしいという相談も増えています。

こうした現象を見る限りにおいても、東京と同じように、福岡市も〝一極集中〟なのがよく判ります。

   

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中