衆議院議員選挙が公示されました。皆様の未来を一票に託してください!

2017年9月28日12:02、「第194回臨時国会」が召集され、開会冒頭、『日本国憲法』第7条により、衆議院が解散されました。時に12:04で、開会されてわずか2分間の国会でした。

 

野党四党は6月22日以降、『日本国憲法』第53条=「いずれかの議院の総議員の4分の1以上の要求があれば、内閣は、召集を決定しなければならない」に基づき「臨時国会」の開催を要求していましたが、安倍首相はそれには一切応えませんでした。

 

それが一転、今回、所信表明演説もせずに国会冒頭で衆議院を解散したのです。

 

衆議院事務局によると、過去に国会召集日に解散した例は3回しかなく、

①1966年12月:通常国会、佐藤栄作内閣による「黒い霧解散」

②1986年6月:臨時国会、第二次中曽根康弘内閣による「死んだふり解散」

③1996年9月:臨時国会、橋本龍太郎内閣による「小選挙区解散」

しかし、「首相の所信表明演説と質疑がないままの冒頭解散」は戦後初となります。

 

「なぜいま、このタイミングで解散?」といぶかしく思われる方も多いと思いますが、そのとおり、今回の解散には〝大義〟はありません。

 

安部首相は「国難突破解散」とネーミングしていますが、北朝鮮情勢がひっ迫しているこの時期に政治空白をつくることが国難突破なのか、まったく理解に苦しみます。

 

この「国難突破解散」は国民の理解を得ることができず、各種世論調査やネット上の書き込みなどで「解散に大義なし」、「自己都合解散」という世間の批判が起こりました。

 

その後、安倍首相は解散に理由を「少子高齢化」と「北朝鮮」の二つの問題を挙げたものの、その会見直後から、ツイッター上に「おまえが国難」という言葉があふれ、拡散数の多いキーワードを集めた「トレンド」に入るという失態となってしまいました。

 

そして、「おまえが国難」という言葉に続き、生活実感や疑問をつづる投稿が相次いでいます。

〇「保険料の負担増えてるし、実質賃金下がってるし、食料品高くなったし、ぜんっぜんアベノミクスの果実なんて届きません」

〇「5年も総理やってていまだ国難って、そりゃお前がポンコツだったってこと」

〇「女性活躍社会と言うが、本当に活躍できてる女性がいるのか」

〇「働き方改革と言いながら、過労死が減らないのは何故ですか」

といった具合です。

 

今回の安部首相の解散の最大の大義=本音は、「いましか勝つタイミングがないから解散した」ということにほかありません。まさに「自己都合解散」です。

 

しかし、安倍首相の〝自民党大勝シナリオ〟は大きく狂いつつあります。それは、国民がこれまでの安倍政治に辟易しており、政治を変えたいという思いが熱いマグマのように溜まっており、「この機会(選挙)で安倍政治を替えよう」といううねりが起きようとしています。

 

一党独裁、一強支配、強権政治に終止符を打ち、国民目線、温かみのある政治に代えるチャンスです。

 

皆様の一票を未来に託してください!

 

 

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中