福岡県議会『12月定例会』が開会します。

福岡県議会『12月定例会(県議会)』は、本日、12月1日に開会します。今議会の会期は20日間で、12月20日に閉会予定です。
今議会に提案される議案は26議案で、予算議案2件、条例議案9件、契約議案4件、人事案件1件、その他の議案10件となっています。
このうち、補正予算案は、本年7月に発生した「九州北部豪雨」の復旧・復興対策費として365億8,800万円が計上されています。
この「九州北部豪雨」の復旧・復興対策予算ついては、先の『9月県議会』における687億9,600万円の補正予算と合わせると、総額で
1,009億の豪雨関連予算となり、過去最高の補正予算額となります。
しかしながら、「2017九州北部豪雨」の被災総額は、県の見積もりでは2,000億円を超えるとされており、完全復興にはまだまだ多額の予算が必要となります。
今回の365億8,800万円の補正予算の内訳ですが、まず、甚大な被害が発生した河川について、川底の掘削、川幅を広げる改良復旧工事費として239億円があてられているほか、道路補強にも21億円を充てることとしています。
また、被災地である朝倉市と東峰村での消費喚起を起こすためにプレミアム付き地域商品券の発行を予定しており、事業費は6,100万円が計上されています。
豪雨災害関連以外では、今年7月に世界遺産登録された「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」のPR事業として1,400万円が計上されています。
今回の補正予算は、「2017九州北部豪雨」被災地への復旧・復興支援とともに、本県の観光振興を果たすための大切な予算となっています。県民の方々の生活向上に資するよう、しっかりと審議していきたいと思います。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中