新年度が始まりました。皆様の新たな門出をお祝いします!

2018(平成30)年度が始まりました。

4月となり、ご入学、ご就職、転勤・異動など、新たなスタートを切られた方も多いと思います。新たな決意で未来に歩み出された皆様に、心からエールを送ります。

1.福岡県議会『2月県議会』報告
福岡県議会『2月県議会』は、3/28、全ての議案を審議・可決した後、閉会しました。会期は2/26~3/28でした。

『2月県議会』は〝予算議会〟であり、県の新年度予算を審議しました。県の新年度予算の概要については以下の通りです。

なお、詳細は私のホームページにアップしていますので、ご覧ください。

(1)新年度予算の概要
①2018(平成30)年度予算
1兆7,325億円 (前年度比116億円、0.7%増)
一般会計歳入歳出規模 2年ぶりの対前年度増加 。
②財政改革プランの目標達成状況
「九州北部豪雨」災害の復旧・復興対策により、目標達
成は厳しいものとなっている。
③新年度予算の主要項目
〇社会保障費:3,271億円
〇公共事業費:2,057億円
〇災害復旧費:224億円
〇行政施策費:2,569億円
〇市町村交付金等:3,075億円
〇公債費:2,201億円
〇人件費:3,891億円

(2)県債残高
いわゆる県の借金にあたる「県債残高」は3兆6,428億円となり、前年度より364億円の増加となりました。これは、県の通常債はほぼ前年並みであったものの、臨時財政対策債が1兆3,463と増加しており、結果として県債残高は増加した。

(3)「三基金」残高・
県の貯金にあたる「三基金」(財政調整基金、減債基金、公共施設整備基金)は昨年の「九州北部豪雨」対策として取り崩したことから、対前年比△5億円の386億円となっています。

2.値上げの4月となります
2018年度が始まりましたが、4月から食品、生命保険、医療費、介護費、公共料金が〝一斉値上げ〟し、年金などの受けるサービスは〝値下げ〟されます。

(1)値上げ
①一部医療機関の初診料:800円
②一部医療機関の診察料:最大で月4,000円値上げ
③介護保険料:最大で月1,000円程度値上げ
④国民健康保険料:最大で年4万円値上げ
⑤医療保険料、就業不能保険料:値上げ
⑥電気、ガス料金:値上げ
⑦業務用ビール、ワイン、一部たばこ:値上げ
⑧70歳以上の高額医療費(外来):最大で月4,000円値上げ
(年収370万円未満世帯)
⑨70歳以上の高額医療費:最大で月17万円値上げ
(年収370万円以上世帯)
⑩介護サービス自己負担率:3割に引き上げ

(2)増税
①20階以上のマンションの固定資産税:増税
②一部車種の自動車取得税・重量税:増税

庶民には厳しい新年度です。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中